2021年09月16日

セレナのブレーキ警告灯点灯...。

さてさて、お掃除をしていたら、セレナのお客様よりTEL、
走行中にブレーキの警告灯が点灯、最初サイドブレーキ
解除忘れかと思ったらしいのですが、解除しても消えず、
どうしたらいいでしょう?とのご連絡、今はすぐに動けない状態なので、
クルマ持ってきていただくといいのですが、お客様がいるのは
黒松内とのこと、時間がかかるのと万が一のことがあるので、
黒松内のガソリンスタンドか整備工場に行って、まず状況を
確認してもらうことに、そして、2時間後くらいにご連絡が来て、
どうやらブレーキフルードが下限を下回ったため、点灯したみたいで、
下限を下回るということはパッドが減っているか、フルードが
漏れているかのどちらかです、お聞きしたところFブレーキパッドが
残量3㎜以下らしく、それが原因ではないかと?
フルードの漏れは無いみたいなので、少し安心です、
黒松内から戻り次第、入庫されるとのことで、
100_0032 (3)_R.JPG
↑まずはFブレーキパッドをお取り寄せ、
あとは入庫してから作業および点検をしていきましょう、
100_0043_R.JPG
↑それまでに片付くんか...?
ラベル:NC25
posted by じじ at 21:18| 北海道 ☔| Comment(0) | 日産 | 更新情報をチェックする

また工具が増える...。

お掃除も順調に進み、15時頃に完了、
そのあと、ホイールローダーの後輪部分に
潜りこみ、後輪側のオイルシール交換の
作戦を考えます、後輪のデフケースには
前輪と違い、LSTモーターに繋がる減速機が
付いており、前輪のようにサクッと降ろすわけにいきません、
できればデフケースを降ろさずに、左右の車軸ケースを
外せると作業的にも楽になりそうです、いろいろと
ケース回り、フレーム等の間隔等を調べた結果、
降ろさずに外せそうな感じです、ただ、そのためには
手持ちの工具ではできそうになく、使えそうな工具を
調達しに出かける、
100_0027 (3)_R.JPG
↑んで、見つけてきたのがヘックスビットアダプターというのと、
100_0029 (6)_R.JPG
↑スラハンのセットです、ほんとはセットなんかは要らないのですが、
100_0030 (3)_R.JPG
↑この欲しいアタッチメント単体で買うより、
セットで買った方が安いという、ファーストフードなんかに
よくあるパターンと同じやつです、
車軸ケースを固定しているボルトの一部とフレームとの間隔が
3センチちょっとしかなく、手持ちのソケットだと長すぎて
入りません、このビットアダプターだと、メガネレンチに
装着して使えるので、フレームに干渉することなく使えます、
スラハンのアタッチメントは、インターナルギアを取り出す時に、
デフケース上にエンジンがあり、叩き出すことができないので、
スラハンで引っ張り出すというか引きずり出すために使用する予定、
たぶん、目論見通りに行けばデフケースを残したまま、車軸ケースを
外せるはず...?
posted by じじ at 21:09| 北海道 ☔| Comment(0) | 中古車 | 更新情報をチェックする

お掃除は進行中ぅ~...。

今日も朝からお掃除です、
100_0001 (6)_R.JPG
↑ありがたいことに、朝一でガスケットリムーバーが到着、
(商品名はパッキンはがしと単純明快です。)
早速コレを使ってお掃除の続きを、
100_0006 (8)_R.JPG
100_0011 (5)_R.JPG
↑やっぱり本家本元は違います、スプレーしてから
ガスケットが軟化する速さが昨日使用のシールはがしよりも
ぜんぜん速いです、なのでサクサクと進み、
100_0015 (6)_R.JPG
100_0013 (7)_R.JPG
↑プロペラシャフト側のベベルギアの方も
きれいにしていきます、
100_0018 (6)_R.JPG
↑作業台はだいぶ以前に交換したMPVの
リアハブベアリングケースを使ってます、
こういうモノもさっさと捨ててしまえばいいのですが、
こういったときに役に立つこともあります、
100_0023 (5)_R.JPG
100_0024 (4)_R.JPG
100_0025 (6)_R.JPG
↑さらに車軸ケースのボルト穴とかもきれいにします、
100_0003 (10)_R.JPG
↑デフケースのベベルギアの嵌るところも
きっちりきれいにしてと、
あとは明日届くガスケットを付けて、デフケース、
車軸ケースを合体させて、車体に取り付けます、
合体させると重量が150キロ、どうやって取り付けようかな...?
posted by じじ at 20:50| 北海道 ☔| Comment(0) | 中古車 | 更新情報をチェックする