2015年04月08日

ラピュタ(HP22S)は苦戦中...?

商品化作業を進めているラピュタ(HP22S)ですが、
原因不明の息継ぎ(燃料カット)?に苦戦中です。
診断機でも、とくにエラーもなく、1番怪しげだったブーストセンサーを変えるも変化無し...。
DSC01917.jpg
↑再度、アクチュエーター、ソレノイドバルブ等確認しますが...?
DSC01918.jpg
↑アクチュエーターとソレノイド周りのホースを手持ちのものと交換したり...、
ガソゴソとやりますが、一向に原因が掴めず...?
DSC01922.jpg
↑K6Aエンジンは、ヒューズボックスのレジスターで若干点火時期を変えることができます。
(まあ、K6A乗りの方の間では定番ですが。)
白いリレーの間に『N』という表示のものがそうです。
これには、1~11番まであり、数字が増えるほど点火時期が早くなるようです。
そこで、エンジンのヘッドカバーを見ると、
DSC01924.jpg
↑黄色い丸印のところですが、『6』と書かれています。(ちょっと、わかりづらいですが)
通常、この数字とレジスターの数字は同じになります。
ところが、このクルマはエンジン側が6、レジスターがNと異なっています。
元々なのか、前オーナー様がどちらかを変えたのか不明ですが?
とりあえず、これを同じモノに合わせて様子をみることに。

ラベル:HP22S
posted by じじ at 22:37| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | 更新情報をチェックする

ムーブ(L910S)もちょこっと手直し等...。

先日、たまたま程度のよいRバンパー、F左フェンダーをゲットしたムーブ(L910S)、
ちょっと時間もあるので、交換します。
DSC01564.jpg
↑元はこんな感じ、これでもまあまあなのですが...、
DSC01916.jpg
↑こんな感じになりました。
ボルト7本とネジ2本外すだけですので、それほど画にもなりませんので、完了後の画像です。
つづいて、Fフェンダーの作業です。
元のフェンダーは、
DSC01908.jpg
↑ヘッドライト横の先端部分に塗膜割れが...、
DSC01909.jpg
↑ホイールアーチ脇の取付け部のところも塗膜内側にサビが出できてます。
DSC01910.jpg
↑バサバサと外していきます。
DSC01914.jpg
↑交換後です。
もちろん、
DSC01912.jpg
DSC01913.jpg
↑サビ、塗膜割れ等ありません。
ちょっとしたことですが、サビは水虫と同様で小さいのを放っておくと酷くなっていきます。
サビを落として、再塗装という方法もありますが、案外程度の良い中古品と交換のほうが安く済む場合もあります。

ラベル:L910S
posted by じじ at 21:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイハツ | 更新情報をチェックする

MPV(LW3W)のご返却等...。

今日は朝から、MPV(LW3W)のご返却で出かけます。
DSC01905.jpg
↑お手軽・格安ミニバンはお子様のいらっしゃるご家庭では重宝されます。
DSC01906.jpg
↑センターベアリングを交換して、異音も解消です。
パーツ在庫があったため、予定より早くご返却となりました。
(ぺラシャが分割式ではなく一体式とわかった時は焦りましたが...。)
ラベル:LW3W
posted by じじ at 21:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | 更新情報をチェックする