2015年05月07日

ホンダZ(PA1)は...?

今日もお問い合わせのあったホンダZ(PA1)...、
DSC01955.jpg
↑はたして嫁ぎ先は決まるのでしょうか?
お問い合わせの後、ほんのちょっと点検することに。
というのも、昨日の夜に少し走らせたときに、どうもブーストのかかりに違和感を感じ...、
タービン周りをのぞいたりしてみると、
DSC02490.jpg
↑画像の白い丸印部分(タービンとアクチュエーターのロッドがつながっているところです。)
ここの、Cリングが飛んでロッドが外れかかり、さらにタービン本体との間に引っかかってしまったため、
中途半端に開いたままの状態になってました。これではヒューヒューとタービン音する割には、
パワーがついてこないわけです。
なので、レバーの穴にロッドを差し込んで、Cリングで留めなおします。
(画像は作業後のものだよ~ん。)
作業後、試走行しましたがエエです、ちゃんと踏んだだけパワーがついてくる感じです。
このように、ウチでは展示しっぱなしでは無くたまに走らせて、車両状態を常に確認してます。
ラベル:PA1
posted by じじ at 20:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | 更新情報をチェックする

サビとの戦い...。

ラピュタ(HP22S)の作業も終盤を迎えつつありますが...、
DSC02486.jpg
↑ついでなので、サイドステップのミミ部分も処置します。
サビ転換剤を塗布して、
DSC02489.jpg
↑しばらく放置すると赤から黒に変わります。
このまま1日乾燥させて、チッピング塗料を塗布します。
ラベル:HP22S
posted by じじ at 20:11| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | 更新情報をチェックする