2015年09月26日

チマチマと...。

9月最後の週末。いつものように商品化やら修理等に勤しみます。
DSC08439.jpg
DSC06376 (2).jpg
↑いろいろとあったホンダZは、ECUをリセットしてアイドリング等の再学習を...、
DSC04769.jpg
↑ドラシャを交換したワゴンR、
DSC06380.jpg
↑ドラシャを抜くと、ATFが少々漏れてきます。量を確認、あとで補充しておきます。
DSC04336.jpg
DSC06382.jpg
↑パジェロミニはエンジンを切ったあと、アッパーホースあたりからゴボゴボという音が...、
LLCのエア抜きが不十分なようです。Zのこともありましたので、念のためエア抜きをしておきます。
パジェロミニもなんか抜けにくいみたいです。アッパーとロアホースをモミモミしながらやらないと、
エアがなかなか抜けてくれません。追加で600ccくらい入りました。
エア抜きもちゃんとやりましょう。
ラベル:PA1 H58A CV21S
posted by じじ at 22:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古車 | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

一難去ってまた...。

スロットルガスケットの交換が終わり、ちょっと試走行に出たところ...、
DSC06358 (2).jpg
↑おっと、今度はエンジンチェックランプ点灯です。
LLCのエア抜き不足によるオーバーヒート、スロットルの2次エア吸い等アレコレ手をかけたのにもかかわらず、
一難去ってまた一難...。(ほんま、手のかかるやっちゃなぁ~。)
まずは、クルマとモシモシしてみます。すると、
DSC06361.jpg
DSC06363.jpg
DSC06365 (2).jpg
↑O2センサーが逝かれポンチの可能性があります、そして、それによりエンジン保護のため
燃調が濃い状態になったままである可能性がたどたどしい日本語から推測できます。
O2センサー交換となると、また諭吉さんが飛んでいきます。まずは、現状確認を...、
DSC06372.jpg
↑下へもぐり、O2センサーを確認。
え~...、端的にいうとO2センサーのコネクターの挿し忘れです。おそらく、載せ換え時に忘れたものでしょう。
それにしてもなぜ今まで、警告灯が点かなかったか?
おそらく、フュエルセーフで燃調が濃くなったのと2次エア吸いが偶然重なって、程ほどの燃調になっていた
のに、ガスケット交換をしたため、2次エア吸いが解消されそれにより点灯した可能性が大じゃないでしょうか。
セルの回る時間が長かったのもこれが原因だったかもしれません。
コネクターの接続を確認して、少し走り回ったあとモシモシしてみましたが、
DSC06371 (2).jpg
↑何もないでぇ~というご返事です。
慌ただしさの中での作業は、アカンですね。こういった初歩的なミスを連発してしまいます。
(落ち着いた雰囲気の中での作業を、心掛けます。)
ラベル:PA1
posted by じじ at 23:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | 更新情報をチェックする

スロットルガスケット交換...。

外出中に、
DSC06343 (2).jpg
↑ホンダZのスロットルガスケットやムーヴラテのパーツが届いてました。
なので、スパーキーの作業後、ガスケット交換を...、
DSC06345 (2).jpg
↑スロットルとインマニを固定しているボルトを外して、バラします。
古いガスケットはスクレーパー等で丁寧かつ残らずきれいに剥がします。
そうしないとまた2次エア吸いの原因となります。
DSC06348 (2).jpg
↑スロットル側、インマニ側ともきれいにします。
DSC06350.jpg
↑新しいガスケットをはさんで、元に戻していきます。
DSC06352 (2).jpg
↑パイプ等を元に戻して、完了です。
エンジンを始動して、エアの吸い込みがないことも確認できました。
ラベル:PA1
posted by じじ at 22:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | 更新情報をチェックする