2017年01月15日

ハイゼットカーゴ(S330V)の作業をもうちょいやりました...。

VSVチェックのため4輪を浮かした状態のハイゼットカーゴ、
DSC05080.jpg
↑どうせなので、ブレーキ周りの作業も進めておきましょう。
DSC05079.jpg
↑連日の寒波で、タイヤハウス内もこの通りです。
DSC05072.jpg
DSC05077.jpg
DSC05075.jpg
↑ディスクはまだ大丈夫ですが、パッドが微妙な4ミリ程。
中古新規で車検を取るなら、いっそのこと新品に交換しましょう。
DSC05069.jpg
DSC05071.jpg
↑リアブレーキシューは残量も無く交換決定、しかもシリンダーのブーツ部分に切れも出ているので
カップキットを購入してOHもします、やはり走行距離も多いためシューホールドピン、スプリング等も
サビで崩壊しかけてますので、すべて交換の予定です。
原価だけは跳ねていくなぁ~...。
ラベル:S330V
posted by じじ at 21:45| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイハツ | 更新情報をチェックする

ハイゼットカーゴ(S330V)の作業に...。

年明けまで4WDスイッチが作動していたハイゼットカーゴですが、つい先日、除雪のため動かしたときに
4WDのランプが点灯しません。
DSC05054.jpg
↑ACCの時にすべての警告灯が点灯しますが、4WDは点灯せず。
まずは単なるバルブ切れを疑い、
DSC05055.jpg
↑インパネをばらしていきます。
DSC05056.jpg
↑メーターを外して、
DSC05057.jpg
↑これが4WDスイッチのバルブです、これだけがこのようになっているということはよく切れるのでしょうか?
このあと、バルブを交換して再度チェックしましたが、相変わらず点灯しません。
DSC05059.jpg
↑ヒューズも全部チェックするも切れているものは無く、
いよいよ例のVSVの不調を疑うしかないか...?
DSC05080.jpg
↑まずは4輪とも浮かせて、
この状態で4WDスイッチを操作すると、ONの時トランスファーからフロントデフにつながるプロペラシャフトは
回転しますが前輪は回りません。
なので、トランスファー側のVSVは生きていると考えられます。
DSC05049.jpg
↑これがトランスファー側のVSVです、ウチに入庫したときに逝ってましたので中古品と交換してます。
DSC05045.jpg
↑配管等も再度チェックしておきます。
DSC05062.jpg
↑一応本体も清掃がてらチェック。特に異常も無さそうです。
となると、考えられるのはもう1つのVSVです。
DSC05063.jpg
↑コレです、フロントデフ側にもVSVがあります。
これはボンネットを開けて、ウォッシャータンクの蓋の上あたりにあります。
これが逝かれポンチの可能性が大です、こちらは入庫時に大丈夫だったのでそのままでした。
こちらはチェック方法がないわけでもないのですが、現状でデフが回らないところをみると
逝かれている可能性は限りなく高いですが、このバルブがこれまた高いんです、諭吉さんが1人とちょっと
跳んでいきます。明日、ダイハツに問い合わせてみるかぁ~...。
ラベル:S330V
posted by じじ at 21:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイハツ | 更新情報をチェックする