2017年05月17日

タイベル交換は進む...。

今日は、久しぶりに天候も回復して暖かいというかたまに暑く感じる1日でした。
DSC07683.jpg
↑クランクプーリーボルトが緩まず、一晩頭を冷やしておりましたが
たまたま、同業仲間から『そのエンジン、時計回りやでぇ~...。』とのアドバイスが。
DSC07684.jpg
↑既定のトルクはこんな感じですが、まあ、固着とかいろいろとありますので。
すっかり、頭の中がホンダエンジン=反時計回りという固定観念に凝り固まっていたのでした。
時計回りとなれば、こういう場合は奥の手が使えます。ということで、今日は朝から、
DSC07685.jpg
DSC07686.jpg
↑奥の手で攻めて、あっさり緩みました。
DSC07687.jpg
↑下部のタイベルカバーを外し、エンジンマウントを解くとタイベル、ウォポン等とご対面です。
DSC07690.jpg
↑クランクシールからオイルがにじんだような感じですね。
DSC07696.jpg
DSC07698.jpg
↑マーキングをして、ベルトやクランクプーリー等を外します。
ベルトはそれほど損傷等は見られませんが、10万キロですので交換です。
DSC07702.jpg
DSC07703.jpg
↑タイベルのオートテンショナーです。中のオイルが漏れてきてますので交換です。
DSC07700.jpg
↑クランクシールも交換しますので、取り払います。
DSC07718.jpg
↑んー、やはり過去に滲んだ形跡が...。
DSC07705.jpg
DSC07707.jpg
↑定番のウォポンも同時交換です。にじみやシャフトにガタは無いのですが工賃等を考えると
いつやるの?今でしょというタイミングです。
LLCも抜いちゃってるので、さらにサーモスタットも交換しておきます。
DSC07711.jpg
DSC07714.jpg
↑古いのを外しておきます、パーツ到着が遅れて明日になりました。
DSC07716.jpg
↑ついでにプラグのチェックも、なんか取り替えたばかりなのかバリもんでした。
DSC07722.jpg
↑いろんなものがごっそり取られたエンジンです。
あとは、パーツを組付けるだけです。
まだまだかかりますよぉ~...。
ラベル:ra9
posted by じじ at 21:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | 更新情報をチェックする