2020年12月12日

ディアス、ヒーターパイプ交換等...。

タイベル交換が終わり、次はヒーターパイプの交換です、
100_0062_R.JPG
↑サーモケースから、ヒーターへ行くパイプと
ラジエターに行くパイプを外して、ケースを
外していきます、
100_0065_R.JPG
↑サーモスタットも同時に交換しますが、
ケースの方も思ったより状態が良くないです、
100_0058_R.JPG
↑パイプとの接続部分が腐食で荒れています、
真鍮ブラシとかでガンガン磨いてみましたが、
100_0061_R.JPG
100_0060_R.JPG
↑腐食がひどく、表面が凸凹です、これだと
パイプを新しくしてもLLCが漏れてくるので、
サーモケースも追加発注です、
100_0066_R.JPG
↑ヒーターパイプを外そうと、サーモ側のゴムパイプを
少しひねったら、ゴムパイプの付け根のところから
折れて、LLCが盛大に漏れ始めました、
100_0079_R.JPG
↑こちらはヒーター側、ラジエターとかのすぐそばで
工具をふるスペースがほとんどありません、
100_0076_R.JPG
↑作業しててわかったのが、パイプを外すにしても
取り付けるにしても、ちょうどスペアタイヤの上部に
ある配管類を固定しているメンバーを外さないと
交換できません、左側の方は燃料タンクの上の方に
入っており、これを外すとなると燃料タンクを下すことになりそうなので、
何とか外さなくて済むように、外し方なんかを考えます、
100_0071_R.JPG
↑1時間近く格闘の末、なんとかパイプを摘出しました、
配管を固定しているメンバーの片側だけ外して、
下の方に少々強めに煽りながら、パイプを
リア側に引いていくと、最後だけパイプも少々
折れない程度に煽らないといけませんが、
パイプを外せました、たぶん、逆の手順でやれば
取り付けられるはず...?
折れた部分を見てみると、
100_0073_R.JPG
↑ゴムパイプ側、
100_0075_R.JPG
↑ヒーターパイプ本体側、かなり腐食が進んでました、
ほんのちょっとひねっただけで、パイプが折れましたので、
ほんと換え時だったと思います、これが走行中だったら
オーバーヒートで終~了っていうやつです。
ん~、タイベルカバーにサーモケース、小物がちょろちょろと
追加発注、思ったより費用がかさんだぞ...。
たぶんスバルなので、月曜発注の下手したら週末到着で
1週間放置状態かも...?
ラベル:TW2
posted by じじ at 22:49| 北海道 ☔| Comment(0) | スバル | 更新情報をチェックする

ディアス、タイベル交換続き...。

昼食のあとは、
100_0036_R.JPG
100_0033_R.JPG
↑ウォポン交換からスタート、古いのを外して、
取付面をきれいにしていきます、
100_0038_R.JPG
↑きれいになったところで、新しいウォポンを取り付けます、
100_0042_R.JPG
100_0040_R.JPG
100_0043_R.JPG
↑カムシール、クランクシールを交換します、
100_0048_R.JPG
100_0045_R.JPG
↑交換完了、
100_0052_R.JPG
100_0049_R.JPG
↑新しいベルトを張り、テンショナーも取り付けて、
クランクを2回転させて位置がずれないか確認、
100_0057_R.JPG
↑ずれもなく、ばっちりです、普通でしたら
ここからはLLCを注入して、エンジン始動、
LLCのエア抜きとなりますが、今回はヒーターパイプも
同時交換なので、このあとは、サーモスタットを外し、
ヒーターパイプも外していきます。
ラベル:TW2
posted by じじ at 22:27| 北海道 ☔| Comment(0) | スバル | 更新情報をチェックする

ディアスのタイベル交換...。

今日は朝から、
100_0029_R.JPG
↑ディアスのタイミングベルト交換&ヒーターパイプ交換の
作業に入ります、
100_0030_R.JPG
100_0032 (2)_R.JPG
↑ヒーターパイプ交換で邪魔になるのでスペアタイヤと
スペアタイヤハンガーも外しておいた方が作業がはかどります、
100_0004 (4)_R.JPG
↑エアコンベルトや右リアタイヤとサイドカバーなんかを
外していきます、
100_0002 (3)_R.JPG
↑サンバートラックとかはインパクトで2、3発
やるとクランクプーリーボルトは緩んだのですが、
コイツは初回のせいかえらい固い、仕方なく奥の手でいきます、
100_0006 (2)_R.JPG
↑クランクプーリーボルトが緩んでもまだまだ
試練は続きます、タイベルカバーのボルトが
サビでボロボロ、舐めました、すぐ下にエンジンを
支えるフレームとかがあり、折ってしまうとリカバリー
作業がかなり面倒になりそうだったので、
100_0008 (3)_R.JPG
↑カバーの方を一部切断して、取り外すことに、
100_0009_R.JPG
↑とりあえずカバーも外れて、タイベルとご対面、
100_0013 (2)_R.JPG
100_0011 (2)_R.JPG
↑まずは合いマークを合わせておきます、
100_0016 (3)_R.JPG
↑その際、気になったのがベルトの弛み、
こんなに弛んでいるはずはないのですが、
もしかしたら1度交換またはタイベルを外しているのか?
100_0018 (2)_R.JPG
↑舐めたボルトもきっちりリカバリー、
カバーも外れていた方が作業的にも楽ですし、
時間もかかりません、ただ、タイベルカバーは
追加発注になりましたが...、
100_0022 (2)_R.JPG
100_0021 (3)_R.JPG
↑カムシール、クランクシールからのオイル漏れは無し、
でも、新品に交換しますが、
100_0025 (2)_R.JPG
↑ウォポン交換のため、LLCを抜いていきます、
抜けるまでの間にちょっと遅めの昼ご飯を...、
100_0027_R.JPG
↑パーツ類は1か月以上前に届いてました、
ようやく出番が来ます。
ラベル:TW2
posted by じじ at 22:21| 北海道 ☔| Comment(0) | スバル | 更新情報をチェックする

2020年12月11日のつぶやき


posted by じじ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする