2021年02月01日

ミラジーノの点検は続く...。

さらに点検は続きます、
100_0060_R.JPG
↑外したインタークーラー内までオイルが回ってます、
100_0045 (2)_R.JPG
↑定番のブローバイのノズルをチェック、
針金を差し込んでみたら6㎝くらい入っていったので
詰まりはなさそうです、ついでに
100_0047 (3)_R.JPG
↑ワンウェイバルブとホースもチェック、
バルブは大丈夫そうでしたが、
100_0048_R.JPG
↑ホースはパックリと割れてます、
100_0050_R.JPG
↑バルブ前後のホースを交換しておく、
100_0053_R.JPG
↑ブースト圧を制御するソレノイドバルブを点検します、
ホース類は詰まりは無く、バルブ本体を外してみようと思ったら、
100_0055 (2)_R.JPG
↑バルブが固定されているステーを固定しいるボルトはコレ、
タービンから出ているニップルなんかがそばにあり、
工具が入りません、唯一ストレートメガネが入りましたが、
今度は振るスペースが無い...、
100_0057_R.JPG
↑タービンからエアクリへ行くパイプを外して、スペースを稼ぐことに、
パイプ内にもガッツリオイル回ってます、
100_0069_R.JPG
100_0067_R.JPG
↑なんとか1/4のコマを使って取り外しに成功、
100_0065_R.JPG
↑近くのHCでショートメガネ買ってきてしまいましたが、
これでも長すぎて無理でした、いつかは役に立つ日が来るでしょう?
たぶん...、
100_0063_R.JPG
↑スロットルにもオイルが回り、ISCVのところもドテドテです、
バラして清掃したら直るかな...?
まだまだかかりそうです...。
ラベル:L700S
posted by じじ at 21:56| 北海道 ☔| Comment(0) | ダイハツ | 更新情報をチェックする

ミラジーノの点検...。

今日は朝にサクサクっと雪を片付けて、
100_0002 (12)_R.JPG
↑ミラジーノの点検に入りますが、さすがにこの雪のついた状態では
作業場内もベチョベチョになるので、近くの洗車場に雪を落としに行くことに、
100_0004 (14)_R.JPG
↑いかに昨日の雪が凄かったかわかります、
エンジンを始動すると、お客様の言われていた通りアイドリングが
不安定、感じからするとやはりISCVが汚れているのかな?
100_0005 (11)_R.JPG
↑洗車場でガッツリと雪を落としてきました、
200円で4分使える温水洗車で500円もかかりました、
つまり10分間洗いっぱなしです、まずはモシモシしてみましょう、
100_0007 (14)_R.JPG
100_0012 (8)_R.JPG
↑2台ある診断機ともP0350とのことです、
たぶん、コレはECUがエンジン保護のために点火カットしたのを
拾っていた可能性はあります、
(ただし断言はできません、まれにこのエラーを追っていくと最終的にECU故障となることもあります。)
とりあえず診断機をつないだまま走ってみてライブデータを取ってみました、
(コレって結構使えます、特にブーストがかかった際に出るエラーとかは停止状態では確認できないので。)
100_0004 (15)_R.JPG
↑記録したデータを見てみる、ここで気になるのが吸気管絶対圧力というヤツ、
当然ブーストがかかれば上がりますが、MAXの数字を見ると、170kPaと
昔の単位でいくと1.7barとか1.7kgf/㎠あたりか?
でもターボとはいえこんな数字になるのんか?このMAXの数字近辺で
燃料カットまたは点火カットが働いている感じ、なので圧力センサーか
過給圧制御のソレノイドバルブが逝かれているのか?それとも、
ブーストがかかった時だけ燃料が足りないのかもそうなると燃ポンも
怪しいことにもなるし...?
まずは確認できるところから見ていきます、
100_0020 (7)_R.JPG
↑まずは定番のプラグチェック、
100_0027 (2)_R.JPG
↑ん~、ちょっと薄目かもしれません、
100_0037 (2)_R.JPG
↑エアフィルターはというと、これもきれいな方です、
100_0035 (3)_R.JPG
↑ただ、タービンからはオイル回っているようです、
100_0032 (3)_R.JPG
↑フィルターの縁にも...、
100_0029 (5)_R.JPG
↑このころのターボ車はVVTがついてません、
これまた定番のめくら蓋からのオイル漏れ、
対策品が出ているので交換ですね、
100_0039_R.JPG
↑タービンのアクチュエーターもチェック、
固着も無くスコスコと動きます、だからと言って安心できません、
100_0044 (3)_R.JPG
↑バキュームテスターで負圧をかけて、
100_0041 (2)_R.JPG
↑負圧が維持されるかチェック、されない場合はアクチュエーター内の
ゴムかなんかでできた膜が破れてます、コレはOKみたいです、
まだまだ続きます...。

ラベル:L700S
posted by じじ at 21:41| 北海道 ☔| Comment(0) | ダイハツ | 更新情報をチェックする

2021年01月31日のつぶやき






posted by じじ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする