2021年02月10日

セレナ、Fロアアーム交換...。

ジーノの作業のあとは、
100_0031 (6)_R.JPG
↑継続車検ご依頼のセレナの作業へ、
車検NGのボールジョイントブーツ破れを
直すため、F左ロアアームアッシーの交換です、
100_0011 (11)_R.JPG
↑作業前に足回りの雪とかを洗車場でだいぶ落としましたが、
それでもまだ残ってます、
100_0009 (12)_R.JPG
↑作業に支障が出そうな場所なので、ジェットヒーターで溶かします、
100_0013 (15)_R.JPG
↑このようにガッツリと破れてます、
100_0015 (7)_R.JPG
↑作業の途中で新品のロアアームが届きました、
ロアアームを外すのに、ボルト3本外しますが、
1本はスタビが邪魔で回せません、なのでスタビリンクも
解いておく必要があります、
100_0017 (10)_R.JPG
↑やはりボールジョイント部は固着が酷く、久しぶりのパワープレイ
ロアアームは捨てるだけなのでガンガン火攻めでいきました、
それでも炙ってはバールとハンマーで叩くというのを
4回繰り返してようやく外れました、
100_0020 (9)_R.JPG
↑見事な破れっぷりです、じじぃ的には対策品かなんかで
付くようになった
100_0027 (4)_R.JPG
↑このカバーも良くないんじゃないかと?
100_0021 (6)_R.JPG
↑新品を袋から出して、
100_0023 (6)_R.JPG
↑逆の手順で取り付け、
100_0025 (7)_R.JPG
↑じじぃは例のカバーは付けません、
確認するのに邪魔なのと、コレがサビることで
余計ブーツが破れやすくなると思うんですが...、
100_0030 (5)_R.JPG
↑あとはオイル交換と灯火類のチェックだけと
思ってたら、3列目シートが外されて積み込んであります、
それの取付もありました...。
ラベル:NC25
posted by じじ at 20:32| 北海道 ☔| Comment(0) | 日産 | 更新情報をチェックする

ミラジーノ、迷宮から脱出できるかも...?

昨日、中古ECUと交換したものの症状にあまり変化のない、
100_0002 (16)_R.JPG
↑ミラジーノですが、昨夜いろいろと考え
まずは最初に戻って、パイピングなんかもチェックしようと、
タービン周りには細い配管類がゴチャゴチャとあります、
今回、この部分は問題ないということを前提で、
あれこれとチェックしていきましたが、変化が無いということは
この前提も考え直さなくてはなりません、さらには、
ネットでミラのエンジンルームの画像を見ていたところ、
1か所だけあれ?というところがあり、そのことも
考え直すきっかけとなりました、んで、今日、
100_0001 (15)_R.JPG
↑ボンネットを開けて、気になったソレノイドバルブの
配管をチェックします、これが今までの配管です、
100_0003 (17)_R.JPG
↑この様にホースは接続されていました、
そして、これを
100_0004 (20)_R.JPG
↑このように付け直す、接続先は、
100_0005 (15)_R.JPG
↑この様になりました、そして、この状態で試走行へ、
結果は、ほとんど今までの症状が消えました、
たまにガバッとアクセルを踏むと制御が追い付かないのか
オリフィスの詰まり気味なのが原因なのか、燃料or点火カットが
入りますが、昨日までの状態がウソのようにスムーズな吹け上がりに
なってきました、
100_0032 (5)_R.JPG
↑ソレノイドからスロットルに行くホースや
タービン→ソレノイド→アクチュエーターと繋がる
配管なんかも熱と劣化によりカチカチです、これらも
それほど高価ではないので合わせて交換した方がいいかも?
とりあえず誰が間違えたのかわかりませんが、配管間違いが
原因でした、今日は時間がありませんでしたが、元のECUに
戻してみた場合の状態も確認したいと思います。
少し先が見えてきたぞ...。
ラベル:L700S
posted by じじ at 20:19| 北海道 ☔| Comment(0) | ダイハツ | 更新情報をチェックする

2021年02月09日のつぶやき








posted by じじ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする