2019年07月07日

ヴォクシー(AZR65G)ブレーキマスター交換...。

さてさて、今日の午前中に、
DSC07111_R.JPG
↑ブレーキマスター交換のヴォクシーがやってきました、
DSC07114_R.JPG
↑まずは運転席足元のパネルを外して、
DSC07116_R.JPG
↑さらにECUを外さないと、ブレーキマスターとペダルを
連結しているピンを外す作業スペースが取れません。
DSC07119_R.JPG
↑ECUを外すとこれだけのスペースができます、
DSC07118_R.JPG
↑ピンもすんなりと外れました。
今度はエンジンルーム側へ、
DSC07125_R.JPG
DSC07122_R.JPG
↑マスターシリンダーはパイプを外さず残す戦法です、
そのため、パイプ、マスターシリンダー、ABSユニットを
一体で動かせるように、ABSユニットの固定ナットや
DSC07126_R.JPG
DSC07129_R.JPG
↑パイプを固定しているクランプもボルトを外して
丸ごと動かせるようにしておきます。
DSC07133_R.JPG
↑マスターバックからシリンダーを引き抜きます、
リザーブタンク内のフルードはある程度抜いておきます。
DSC07135_R.JPG
↑ブレーキパイプなんかをかわしながら半ば強引に
マスターバックを取り外す、
ただ、取付ける時はあまり強引にいくとパイプを破損する恐れがあるので、
DSC07139_R.JPG
↑ワイパー、カウルパネル、ワイパーモーター等を
外して、スペースを作った方がリスクが下がります。
DSC07137_R.JPG
↑こんな感じで、スペースが取れます。
DSC07142_R.JPG
↑マスターバックを取りつけて、シリンダーと合体、
DSC07141_R.JPG
↑エア抜きもしましたが、なんかペダルのフィーリングに
変化なし?マスターシリンダー側もエア抜きしてみましたが、
どうにもこうにも変わらず...。
(このあたりの作業では、手がフルードまみれになるため画像が撮れません。)
んー、マスターバックだけでなくシリンダーもアカンのか?
DSC07145_R.JPG
↑結局、シリンダーも再度外して届いた中古品と交換しました、
こんなんだったら最初からシリンダー、マスターバック別々にしないで、
一体で交換したほうが手間がかかりませんでしたね。
このあと、マスターシリンダーのエア抜きに難儀して、
フルードを1.5L程消費、フィーリングもだいぶ改善され、
ブレーキの利きも大丈夫そうでしたので、
DSC07142_R.JPG
↑外したワイパー、カウルパネル等も戻して作業は完了となりました。

ラベル:AZR65G
posted by じじ at 21:30| 北海道 ☔| Comment(0) | トヨタ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください