2020年06月11日

新兵器を使ってみる...。

さてさて、戻ってからは、明日以降走り回ることになりそうなので、
足であるディアスのチェックをさらにしておきます、
CIMG5050_R.JPG
↑今回使う新兵器はコレ、先月購入した冷媒ガスの漏れ検知器です、
(なんか一昔前のトランシーバーのようなデザインです、5000円くらいのものなので精度的にどうなのか?)
一般的に蛍光剤を流し込んでブラックライトをあてるのが
多いですが、この方法だとどうしても蛍光剤でドテドテになり、
その後の作業も手間がかかります、
コレだと蛍光剤を流す必要もなく、漏れ箇所確定後の
作業もクリーンにできます。
なぜコレを使うかというと、前回蛍光剤を流し込んだ時に、
一番の漏れ箇所だった配管のL字のところに集中していましたが、
低圧と高圧のカプラー接続口のコアバルブのところも比較的
蛍光剤が溜まっておりました、なのでコイツで漏れがあるのか
確定させようという目論見です、
CIMG5051_R.JPG
↑低圧側は感度を中間にしていると反応はありませんが、
感度を最大にすると、ご覧の通り反応があります、
CIMG5053_R.JPG
↑高圧側はすでに中間の感度の段階で反応あり、
いずれせよ、新車時からコアが交換されているとは思えないので、
漏れが酷くなる前に交換しておくことにしましょう。
なんか、ガスを抜かなくてもコア交換ができるアイテムが
あるらしいので、それを調達してからやってみますか?

検知器も有名どころのモノだと3~4万とかしますが、
コレは5000円、微量の漏れにも反応していそうなので、
使えるようだとコスパはエエかもしれません。
ラベル:TW2
posted by じじ at 20:43| 北海道 ☔| Comment(0) | スバル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください