2020年12月18日

ディアスの作業は峠を越えました...。

今日は午前中にサラッと降った雪を片付けて、
100_0001 (6)_R.JPG
↑午後にようやく、タイベルカバーやサーモケース等が到着、
100_0004 (8)_R.JPG
↑そそくさと作業に入ります、まずはサーモケースを取り付けて、
100_0014 (3)_R.JPG
↑先日通しておいたヒーターパイプとヒーターコアにつながる
ホースとを接続、
100_0011 (6)_R.JPG
100_0009 (6)_R.JPG
↑メインのラジエターホースやサーモケースと
ヒーターパイプとを接続するホースなんかも取り付け、
100_0006 (5)_R.JPG
↑エンジンルーム内の外したものを元に戻す、
100_0016 (5)_R.JPG
↑続いてタイベルカバー等の取り付けに、
100_0018 (3)_R.JPG
↑ついでにエアコンベルトも新品に、
100_0020 (3)_R.JPG
↑2万キロちょっとの走行でしたが、まあまあ摩耗してます、
100_0022 (3)_R.JPG
100_0026 (2)_R.JPG
↑クランクプーリーを取り付けて、エアコンベルトも張ります、
100_0033 (3)_R.JPG
↑LLCを入れていきます、一気に入れずゆっくりがいいです、
LLCのエア抜きはまず3か所のエア抜きにホースを取り付けて、
LLCが出てくるまでLLCを入れていきます、
100_0035 (2)_R.JPG
↑ラジエター横のエア抜きです、
100_0038 (2)_R.JPG
↑エンジン上部のエア抜き、
100_0040 (2)_R.JPG
↑ヒーターコアのエア抜き、
100_0028 (3)_R.JPG
↑そしてまずは緊張のエンジン始動です、
サンバーはトラックを含めて何回もやってますので
大丈夫だと思っていますが、この瞬間だけはいつも緊張します、
無事にエンジンが始動、メーカーではこの時1分くらいエンジンを
回して、停止、エンジン上部等のエア抜きからエアを抜いて、
再度LLCを注入、そしてこれを数回繰り返すとなっています、
とにかく抜けにくいので、今回は5回やりました、
ただ厄介なのはこの時期になると気温が低く、なかなか水温が
上がりません、なのでウチはこの時期のエア抜きの際はいつも
100_0042 (2)_R.JPG
↑このようにつっかえ棒をして若干回転数を上げてます、
サンバーの場合あまり上げすぎると、電動パワステの警告灯が
点灯するので、ほんの少しにしておく方がいいです、
100_0045 (2)_R.JPG
↑ラジエターファンが回ったので、とりあえず
エア抜きは終了、このまま冷まして明日LLCの補充を
します、あとはパイプ類の固定、スペアタイヤ取り付け等で
作業は完了ですが、エア抜きが終わった段階で21時、
明日にします...。
ラベル:TW2
posted by じじ at 21:43| 北海道 ☔| Comment(0) | スバル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください