2021年02月02日

ミラジーノ作業開始...。

エンジン不調修理&継続車検のご依頼のミラジーノは、
お客様からのご了解もいただき作業開始です、
100_0002 (13)_R.JPG
↑部品到着までの間にスロットル、ISCVの清掃をしておくため
スロットル本体を外しました、
100_0004 (16)_R.JPG
↑走行距離24万キロとなると、スロットル本体もドテドテです、
100_0005 (12)_R.JPG
↑スロットル内もなかなかの汚れです、
100_0006 (10)_R.JPG
↑こちらがISCVのモーター部分、清掃時にキャブクリーナー等で
傷めないように外します、
100_0010 (9)_R.JPG
↑このモーター部分を固定しているのがちょっと特殊形状のボルトです、
ペンタローブとかいう5角形みたいな形状、じじぃは以前にもEFエンジンで
外す必要があったため、この形状のビットを持っていました、
100_0008 (17)_R.JPG
↑モーターを外すと、モーターとISCV本体の間のOリングが
オイルでふやけて伸びてますね、
100_0016 (5)_R.JPG
100_0014 (5)_R.JPG
↑そして、スロットル本体からISCVを外します、
やはりこちらもなかなかの汚れ、軸の部分を回すと
ほんの僅かながら引っ掛かりがあります、カーボンが
堆積しているためでしょう、
100_0017 (7)_R.JPG
↑昼食前にISCV内部にキャブクリーナーを満タンにして、
昼食時間中は放置しておきます、
100_0051_R.JPG
↑昼食後、小さいブラシや綿棒等を使ってスロットル、
ISCVをきれいにしました、
100_0056_R.JPG
100_0058 (2)_R.JPG
↑内部はだいぶきれいになりました、
100_0046 (2)_R.JPG
↑外側もできるだけきれいにしてみました、
100_0061 (2)_R.JPG
↑ISCVもどうでしょう?これだけきれいにしておけば大丈夫かと、
もちろん軸を回した時の引っ掛かりは解消しました、
あとは、ガスケット類が届いたら元に戻す予定です、
スロットル、ISCVをここまで仕上げるのに3時間、お掃除は結構時間がかかります、
100_0063 (2)_R.JPG
↑このあとは、ジャッキアップして次の作業です。
ラベル:L700S
posted by じじ at 20:46| 北海道 ☔| Comment(0) | ダイハツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください