2021年11月09日

アウディA7の作業は終わりました...。

今日も朝からアウディの作業、
100_0007 (31)_R.JPG
↑DSGオイルを注入、
100_0004 (31)_R.JPG
↑7L用意して余ったのが500ccくらい、6.5L程入ったことになります、
100_0003 (33)_R.JPG
↑そして、エンジンを始動、結構緊張します、
でも一発で始動しました、
100_0010 (25)_R.JPG
↑DSGオイルの温度は34℃、
VCDSのベーシックセッティングでは40℃~100℃の間と
なっていたので、しばらく暖機して、
100_0012 (26)_R.JPG
↑ちょっと高めの72℃まで上がったところで始めます、
100_0015 (21)_R.JPG
↑まずはフォルトコードを消去、
100_0018 (21)_R.JPG
↑まずはコレからスタート、なんなくクリア、
100_0022 (28)_R.JPG
↑次はコレなんですが、スタートしたら、
100_0024 (17)_R.JPG
↑おっと想定外のDSGオイルの温度が高すぎで、できず、
オイルの温度が下がるのを待ちます、その間に昼食を食べていたら、
100_0035 (10)_R.JPG
↑午後から雨の予報でしたが、思いのほか早く降り出す、
そそくさとA7を下して、クィックジャッキとかを片付けます、
100_0026 (17)_R.JPG
100_0028 (18)_R.JPG
↑オイルの温度が下がったところで最初からやり直し、
この項目は難なくクリア、
100_0029 (24)_R.JPG
100_0031 (16)_R.JPG
↑先ほどオイルの温度が高すぎでできなかったこの項目は、
スタートするもなかなか終わらず、途中で停止しました、
100_0038 (15)_R.JPG
↑次の項目は難なくクリア、
100_0041 (11)_R.JPG
100_0043 (7)_R.JPG
↑そして、VCDSとLAUNCHの診断機の両方でコードをクリアして、
このあと、試走行に出かけ、十数キロ走り込み、途中山道なんかで
ぬわわキロくらいまで加速してみましたが、変速ショック等も無く、
また警告灯なんかも点灯しませんでした、
100_0046 (7)_R.JPG
↑戻ってから再度モシモシしてみましたが、何も無く、
100_0048 (7)_R.JPG
↑最後にもう1度、すべてのコードをクリアして、
お客様にご返却となりました、クラッチバルブのキャリブレーションが
何回かトライしましたがうまくいかず、でも走ってみると特に異音とか
ショックも無いという不思議な感じ、お預かり前は、すぐに警告灯が
点灯して、セーフモードに入りほとんど加速しない状態でした、
まあ、コレで何事も無く走っていただければいいかなと...。
(輸入車は何が起こるかわからないので...。)
ラベル:4GCGWC
posted by じじ at 23:08| 北海道 ☔| Comment(0) | Audi | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください