2020年11月15日

やっぱりECU交換しちゃう~...?

引き続きKeiの作業です、違うプラグを取付けて、
CIMG9721_R.JPG
↑一応モシモシしてみますが、やはり何も無いでぇ~とのご返事、
CIMG9711_R.JPG
↑イグニッションアナライザーをあててみますが、
最初はまあごく正常範囲内の数値でしたが、しばらくすると、
CIMG9717_R.JPG
CIMG9715_R.JPG
↑このように、燃焼時間が異様に長い数値が出てきました、
さらには燃焼時間0まで飛び出し、俗にいう失火というヤツです、
ん~、やはりコイルがアカンのか?過去の経験からすると
ココでコイルを変えても変化が無いような気がしてます、
とりあえず、明日純正指定品のプラグと交換して、試走行
してみます、それでどんな感じかによってコイルとECU
どちらを先に交換するか決めようと思います、一応他に
原因になりそうなところは無いかと思い、
CIMG9724_R.JPG
↑O2センサーの電圧や
CIMG9725_R.JPG
↑燃料系統の電圧の変化を見てみましたが、
若干の乱れがあるものの、大きな変化は無し、
過去の経験からコイルとECU決め打ちでいってみますか...?
ラベル:HN22S
posted by じじ at 22:40| 北海道 ☔| Comment(0) | スズキ | 更新情報をチェックする

Keiのハブベアリング交換などなど...。

今日も朝からKeiの作業です、
CIMG9603_R.JPG
CIMG9608_R.JPG
↑今度は右のハブベアリングを抜いて、
CIMG9610_R.JPG
↑新しいベアリングを圧入、このあとハブも圧入して
ハブベアリング交換は完了、途中の画像は昨日と同じなので、
省略します、
CIMG9686_R.JPG
CIMG9688_R.JPG
↑続いてリアブレーキを分解して清掃、
CIMG9690_R.JPG
↑エンジンオイル、フィルターを交換、
CIMG9692_R.JPG
↑ようやくエンジン周りの作業に入ります、
CIMG9693_R.JPG
↑エアフィルターはドテドテなので交換、
CIMG9696_R.JPG
↑今回一番チェックするのは点火系周り、
コイルは油没やヒビ割れ等も無く、外見上は
問題なさそう、
CIMG9705_R.JPG
↑プラグはアカンです、デンソー製ということは
新車時から1度も交換してないかも?
CIMG9708_R.JPG
CIMG9701_R.JPG
↑電極もガッツリ摩耗していて、加速時の息継ぎの
原因がコレであれば、ちょっとラッキーなのですが、
先程のエンジンオイル交換の際に、少しだけ長く
アイドリング状態にしていたのですが、少々回転に
バラツキがありました、なので、純正品と同じ
プラグの手持ちは無かったのですが、番手が同等の
プラグがあったので、
CIMG9710_R.JPG
↑それを取付けて変化があるか確認してみます、
ついでなのでエアフィルターも交換しておきます。

ラベル:HN22S
posted by じじ at 22:25| 北海道 ☔| Comment(0) | スズキ | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

KeiのFハブベアリング交換...。

作業場入りしたKeiは、試走行の段階でフロントからの轟音を
確認しています、ハンドルを切ると音色が変わることから
ハブベアリングが逝っていることでほぼ間違いないかと、
CIMG9537_R.JPG
↑上げてフロントのタイヤを揺すってみると、
左はガタガタ、右は左ほどではないですが、
何となくガタが出始めているような感触、
なので、ルークスに続きこちらもハブベアリング左右の
交換となります、
CIMG9546_R.JPG
↑まずはガタガタの左から、
CIMG9548_R.JPG
↑パッド残量はおよそ5mm、今回はがんばってもらいましょう、
CIMG9552_R.JPG
↑キャリパー、ローターを外して、ロックナットも
カシメを起こして外していきます、
CIMG9554_R.JPG
↑タイロッドエンドも一旦解きますが、先日購入した
小道具を使います、コレを使うとブーツを傷めずに
解くことができるようです、
CIMG9556_R.JPG
↑タイロッドエンドのナットを外して、コレをねじ込んでいき
少しだけ隙間をあけてから、ハンマーで頭を叩くだけです、
コレいいですね、あっさり外れました、
CIMG9559_R.JPG
↑このあとは、一旦タイロッドエンドのナットを戻してから、
スラハンでハブを抜きます、
CIMG9560_R.JPG
↑フロントハブを抜いた時にはほぼ間違いなくついてくるのが、
ベアリングのインナーレース、今回もちゃんと付いてきました、
CIMG9563_R.JPG
↑次はボールジョイントも解き、ナックルからドラシャを
抜きます、
CIMG9564_R.JPG
↑この時にタイロッドエンドのナットも外しておいた方がいいです、
CIMG9568_R.JPG
↑そして、いつもの小道具を使いナックルを外さずにベアリングを抜きます、
CIMG9576_R.JPG
↑ベアリングの入っていたところも少しサビサビです、
CIMG9581_R.JPG
↑真鍮ブラシできれいに磨いてから、
CIMG9582_R.JPG
↑ベアリングを圧入、
CIMG9587_R.JPG
↑奥までちゃんと入りました、
CIMG9589_R.JPG
↑ハブにくっ付いてきたインナーレースはこのような小道具で、
抜いていきます、
CIMG9590_R.JPG
↑こんな感じで抜けていきます、この小道具を使う前は、
インナーレースをディスクグラインダーでギリギリまで
削ってからタガネでぶっ叩いてましたが、コレにしてからは
楽なのとハブにキズが付かなくなりました、
CIMG9591_R.JPG
↑ハブも圧入して、
CIMG9594_R.JPG
↑ロックナットを締めておきます、もちろん新品を使用です。
反対側は明日にします...。
ラベル:HN22S
posted by じじ at 22:31| 北海道 ☔| Comment(0) | スズキ | 更新情報をチェックする