2020年10月19日

サンバーの作業は峠を越えました...。

今日も朝からサンバーの下に潜る、
CIMG8859_R.JPG
↑フレームの穴塞ぎの続きです、要らなくなったクリアファイルと
マジックを持って、穴のところにあてて型取りをしていきます、
CIMG8866_R.JPG
CIMG8868_R.JPG
CIMG8869_R.JPG
↑やっている最中は切った貼ったしてて画像を撮ることも忘れてしまいます、
相変わらず溶接はヘタッピですが、とりあえず穴は塞がりました、
ココまででお昼を過ぎ、このあと、溶接個所をベルトサンダーで整えてから、
CIMG8871_R.JPG
CIMG8872_R.JPG
CIMG8873_R.JPG
↑パネルシーラーを溶接個所に塗っていきます、
そして、このあとはしばらく放置して乾燥させます、その間に、
CIMG8875_R.JPG
↑キャリパーのシール類を交換します、
CIMG8881_R.JPG
↑スライドピンも磨いて、
CIMG8885_R.JPG
↑スライドピンの刺さるところは内と外の2か所にOリングがあります、
これらも全部交換します、ついでにローターのバリ取りなんかを
したりして、気づいたらもう18時、あたりは暗くなってきてました、
CIMG8887_R.JPG
↑最後に溶接個所にジンク塗料を塗って、一晩乾燥、明日チッピング塗料を
この上から塗っていく予定です、とりあえず峠は越えたぜぇ~...。

ラベル:ks4
posted by じじ at 22:11| 北海道 ☔| Comment(0) | スバル | 更新情報をチェックする

2020年10月18日のつぶやき




posted by じじ at 00:01| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

秋の夜長、溶接に勤しむ...。

結局、悩んだ末、今日のうちにできるところまで進めることに、
CIMG8855_R.JPG
↑今日は比較的夜でも暖かい方です、そんなに寒さは感じません、
CIMG8856_R.JPG
↑今日はとりあえずココまで進みました、残っている部分は
曲面のアールもきつく、2ないし3分割で鉄板を貼り付けていくしか
方法は無さそうです、とにかく、今回は溶接の火加減が難しいです、
弱すぎるとくっ付かないし、強すぎると穴があくという、微妙な加減です、
とりあえず、溶接機本体のトーチとアースの極性を逆にして、
(ふつうは-がアースですが、+をアースに繋いでます、)
こうするとまず母材(今回で言えばフレーム側)に穴があきにくくなります、
というのも溶接は-の方が強く、それのおかげで母材が溶けて、
トーチ側の金属を溶かしこんでくっ付けるのですが、母材が薄かったり
今回のようにサビとかで腐食が進んでいると穴があくのはこのためです、
そのかわりトーチ側の方が強くなり、ワイヤーがガンガン解けるので
ワイヤースピードの調整がこれまた難しいです、なので、どうしても
玉状になりがちです、今回はどちらかというと溶接でもブレージング溶接に
近い方かもしれません、(厳密に言うといろいろと違いがあるのですが...。)
明日もサビ粉、火花、削り粉にまみれながら、残りの部分もくっ付けることに
しましょう、いつになったら車検行けるかな...?
ラベル:ks4
posted by じじ at 19:28| 北海道 ☔| Comment(0) | スバル | 更新情報をチェックする