2020年12月31日

最後にもうひと仕事...。

今朝は冷え込みました、こちらの最低気温は-24℃だったそうです、
なので、
100_0003 (7)_R.JPG
↑午前10時の作業場内の気温は-9℃、仕事する気にはなりませんね、
それでも、時間もありすることもないので、アウディのお客様のところへ
VCDSを持って走りました、
100_0006 (13)_R.JPG
↑3番シリンダーの失火他3つのエラーコードあります、
プラグ、コイル、O2センサーと交換しているので、
あと考えられるのがスロットル、中古良品に交換してますが、
別の診断機でリセットは一応かけているものの、それが
正解かは不明です、なので、VCDSでアダプテーションを
しようと試みましたが、途中から中に入っていけない状態、
スロットルも純正品番から追って購入しているので間違いないはず、
Ross-Techのサイトで調べて、もう一度トライしてみます、
次は純正オーディオのVIMの解除です、ようは、国産車と同じく、
走行中はテレビ見れないようになってますが、これを見れるようにする
設定のことです、今までは社外品のOBD端子に差し込んで設定する
キャンセラーを使用してましたが、今回のエンジン不調のこともあり、
(キャンセラーが原因というわけではありませんが、この手のモノはいろいろと不具合を起こすことがあるので。)
コレをやめて、コーディングで設定してみます、
メイン画面から設定画面に入っていきますが、
最後の設定画面に入るのには、ログインコードが必要です、
今は便利になり、
100_0009 (9)_R.JPG
↑このようなソフトがあって、ここにオーディオのシリアルナンバーを
入れると、ログインコードが生成されるという優れものです、
おかげで、これで生成されたコードを入れると1発で設定画面に
入れました、そして、ロックがかかる速度を255とあり得ない数字にして
あとは、オーディオを再起動して作業完了です。
100_0004 (16)_R.JPG
↑昨日購入して、取説もサラッと読んだだけで使い始めましたが、
やっぱり汎用の診断機よりもいいかも?
まだ使い慣れていないなので、スムーズにはいきませんが、
バンバン使い倒して、慣れればなかなか力強い武器になりそうな感じです。
それにしても寒かったわ...。
(お客様宅の車庫内で作業してましたが、気温は全然上がらず-10℃の中で作業してたのでガッツリ冷えました。)
ラベル:8KCDNF
posted by じじ at 15:26| 北海道 ☔| Comment(0) | Audi | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

アウディのタイヤ交換...。

小作業をパラパラ片付けいた時にご来店の
CIMG9487_R.JPG
↑タイヤ交換ご依頼のアウディA3です、
平成30年車とまだ新しいです、
輸入車かつFFということで、クィックジャッキがこういう時は重宝します、
サクサクと夏タイヤを外して、冬タイヤに交換、夏タイヤを見てみると、
CIMG9489_R.JPG
↑もうトレッド面にヒビ割れが出てます、
CIMG9490_R.JPG
↑2017年製のタイヤですが、近年は有名どころでも
タイヤの質が低下しているようです、
CIMG9492_R.JPG
↑ホイールボルトを規定値で締め、空気圧も調整して
交換完了です。
今年はタイヤ交換依頼が多いなぁ~...。
posted by じじ at 18:53| 北海道 ☔| Comment(0) | Audi | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

アウディのオイル&タイヤ交換...。

今日は朝から、
CIMG9285_R.JPG
↑アウディA4が入庫、以前アイドリングが不安定だったりと
いろいろありましたが、プラグ、コイル、スロットル交換等を
してからはグズることもなく順調なようです、本日は、
冬タイヤへの交換と合わせてオイル交換のご依頼、
オーナー様は取説通り、減ってきたら補充というスタイルで
やっておりましたがさすがにそろそろフィルターなんかの
交換もしないとダメかもということでご用命いただきました、
CIMG9289_R.JPG
↑現在のオイル量をチェック、国産車のようにボッコではなく
デジタル化されています、
CIMG9290_R.JPG
↑お客様お持ち込みの純正で推奨のエンジンシャンプーとかいう
添加剤のようなモノです、古いオイルを抜く前にコレを投入、
エンジンを15分くらいかけっぱなしにしてから、抜くという
作業手順です、なので手順書通りにコレを入れて、15分エンジンを
掛けておきます、
CIMG9294_R.JPG
↑ついでにフロント側をあげて下から抜く準備を、
今回、アウディのフロアジャッキを掛ける場所が
調べてみましたが、よくわからず、
CIMG9320_R.JPG
↑こんなのを買って、使ってみました、
2個で耐荷重2.5tまでOKとのことで、アウディでも大丈夫かと...?
(製造元は中華大陸なので数字も鵜呑みにはできませんが...。)
CIMG9321_R.JPG
↑高さも16㎝あるので、まあギリギリ作業できるかと、
CIMG9297_R.JPG
↑15分経過したのでオイルを抜きました、思いのほか
勢いがあり、少々跳ねちゃいました、
MPVのようにデカいアンダーカバーも無く、サクッと
作業できる点はいいですね、
(もしかしたら元々あったのかもしれませんが付いてないだけか?)
CIMG9293_R.JPG
↑ドレンボルトとパッキンは新品を使用、
CIMG9299_R.JPG
↑オイルフィルターも交換します、下向きなのはいいですが、
できればランクルとかハイエースみたく、取付口のまわりに
受けのようなモノがあるとオイルが垂れる心配が無くて
いいんですが...、
CIMG9302_R.JPG
↑フィルターを取付けて、ドレンプラグ、パッキンも取り付け、
CIMG9304_R.JPG
↑オイルはコレを使ってます、一応メーカーでも指定になっています、
A4の場合だいたい4.6Lくらいらしいので、まずは4L入れて、
CIMG9306_R.JPG
↑オイル量を確認、なるほど0.5~0.6Lくらい減ると、
こんな感じで減っていますよと表示されるんですね、
なので、このあとはこの表示を見ながらチビチビと足すこと2回、
CIMG9311_R.JPG
↑バッチリFullのところまで来ました、下抜きにしたので、
ほぼ規定量の4.6Lくらい入りました、続いては、
CIMG9312_R.JPG
↑タイヤ交換へ、向きを変えて今度はクィックジャッキであげます、
クィックジャッキで上げた輸入車第1号です、
CIMG9314_R.JPG
↑輸入車の場合はホイールセッティングボルトがあると便利です、
それにしても、A4もデカいと思いましたが、車幅はMPVの方が
デカいようです、結構作業スペースが取れたので...、
CIMG9316_R.JPG
↑フロントのボルト1本だけギンギンに締まってて、
インパクトでも緩まず、450mmのロングスピンナーで
なんとか緩みました、このあと、全輪冬タイヤに交換して、
ご返却となりました。
ラベル:8KCDNF
posted by じじ at 21:16| 北海道 ☔| Comment(0) | Audi | 更新情報をチェックする